チャップアップで効果を出すための方法

チャップアップの効果を再確認!

チャップアップを使えば大丈夫と思うかもしれませんが、しっかり効果を理解した上で使っていますか?

  • 血行促進効果
  • 保湿効果
  • ジヒドロテストステロンの抑制

どれも薄毛・ハゲ改善に役立つ事柄であり、それぞれの育毛効果について説明していきます。

血行を促進して髪の毛に栄養を行き渡らせる

血行を促進することにより、頭皮にある栄養を十分に髪の毛に送り届けることができ、しっかり太い髪の毛を成長させる環境を作ることができます

頭皮環境を整えて抜け毛を予防する

頭皮が乾燥すると、頭皮にある水分量が減少していき、フケの増加・かゆみの発生・抜け毛の増加といった様々な問題が発生します。

痒みが出たことによって頭を掻いてしまい、その行動によっても抜け毛が増えてしまうので、頭皮を乾燥させないようにする保湿効果はとても重要であり、育毛ケアにて必要な効果の一つです。

当然ですが、チャップアップにも含まれている効果です。

AGAの原因となるジヒドロテストステロンの発生を抑制する

男性がハゲてしまう原因ベスト3にランクインしてしまうくらい重要な問題であるAGA(男性型脱毛症)ですが、チャップアップにはAGAの原因となるジヒドロテストステロンの発生を抑制する効果も持ち合わせていますので、安心です。

具体的には、ジヒドロテストステロンを発生させるもととなる酵素「5αリダクターゼ」の働きを抑制し、その結果としてジヒドロテストステロンの発生も抑制されるというものになります。

チャップアップは正しい使い方がある!使い方を守らないと効果が激減します

濡れた髪に使用するとチャップアップの浸透力が弱くなる

チャップアップ育毛剤は必ず濡れていない髪の毛(乾いた髪の毛)に使用するようにしてください。

つまり、風呂上がりにすぐ育毛剤を使うといったことは厳禁です。
どうしても風呂の前後に育毛ケアをしたいのであれば、育毛剤ではなく、育毛シャンプーを使うようにしてください。

チャップアップは育毛剤とセットで育毛シャンプーも買えるようになっており、2700円引きで購入することができるので、カンペキな育毛ケアを行いたいのであれば、コチラを優先しましょう。

薄毛の部分だけでなく頭皮全体に使用すると良い

特にAGAを発症している方であれば、ハゲているところを集中的に育毛ケアしたくなると思いますが、より効果を高めるのであれば、頭皮全体に使用して浸透させるべきです。

というのも、ハゲているところに栄養が行くようにするには、その周囲もケアしないといけないので、そのことを考えると、頭皮全体に使用するのが効果的です。

チャップアップを塗ったあとは軽く頭皮マッサージすると浸透力アップ

勘違いしている方もいるかも知れませんが、育毛剤は髪の毛ではなく頭皮に使うものです。

ですので、チャップアップを塗った後は軽く手で頭皮マッサージしてよく浸透させるようにしましょう。

これをするだけでチャップアップの効果が高まります。
チャップアップを使用したあとに1~2分揉みほぐすだけでいいのでとてもラクですよ。

わからないときは動画で確認!

あまりイメージできないのであれば、チャップアップの使い方を説明している動画を参考にすると良いでしょう。
直感的に理解できる上に動画の長さも一分程度ですので、とても見やすいですよ。

毎日継続すると効果アップ!

当然ですが、継続は大切です。
特に育毛ケアは時間がかかるものですので、自信を持って半年続けることを目標に頑張ってみてください!

コチラでAmazon payやクレジットカードなどを使ってチャップアップをお得に購入する方法を解説していますので、少しでも安く買いたいという方は参考にしてくださいね。

\定期便で年間7200円オトク/